★☆りんご農家見習い中☆★

信州伊那谷中川村で果樹園してます。片桐農園。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

田楽座

19日の月曜日に、中川文化センターで「田楽座」の公演があった。中川文化センターの大ホール(約300席ある)がほぼ満席。知っている顔もちらほら。老若男女が集っていた。
両親が二人で行くはずだったが、父に別の予定が入ってしまい、ピンチヒッターで観に行った。全く興味も何も無いまま行ったのだが、これが!驚くほど良い公演だった。

まず、田楽座の紹介。
パンフレットによると...
1964年に創られる。民俗芸能を舞台創造の柱に据えた劇団として、伊那谷に誕生。
祭りの現地の方から手取り足取り芸能を教わり、古老から昔の暮らし向きの話を聞き、民俗芸能の持つ生命力に助けられながら舞台づくりに努力してきた。
みずみずしい生命力溢れる田楽座ならではの舞台づくりの仕事。多くの人と夢を語り、学び、豊かで希望の持てる”ふるさと”を築く仕事。たくさんの夢を持ちながら、大地の鼓動を舞台にのせて、今日も走り回っている。
とのこと。

田楽座の公演には、ものすごいパワーがあった。それは、演じている一人一人からくるのか、太鼓やその他の楽器からくるのか、だしものからくるのかわからなかったが、とにかくエネルギーみたいなものがあった。笑顔になって、元気になった。
遠い昔から絶えることなく日本各地に伝わっている、お祭りや踊りが持つ力なのかもしれない。
母の話だと、初めて「田楽座」の公演を見たのは、まだ20代で青年団に入っていた時らしい。父母の青春の思い出だったりして。その頃から公演は続いているようだ。是非また見たい!
【 2005/09/21 】 楽しい! | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

さなぺ

  • Author:さなぺ
  • ただ今 りんご作りの修行中
    安心安全正直にりんご作ってます
    眉間にしわがよる事の多い
    このご時世
    のんびりお気楽に
    眉間のしわを伸ばしながら
    農業してます

    メールアドレス
    katagirinouen※gmail.com
    ※マークを@にしてください

    facebook
    http://www.facebook.com/katagirinouen
食べ頃のりんご
  • 紅玉 → 10月上旬
    シナノスイート → 10月中旬
    シナノゴールド→10月下旬
    王林→11月上旬
    ふじ→11月中旬


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。