★☆りんご農家見習い中☆★

信州伊那谷中川村で果樹園してます。片桐農園。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

葉摘み作業



明けても暮れても、これからは葉摘み作業だ。上の写真の緑の部分が、葉っぱがあった所。他の部分は太陽の光をしっかり受けて赤くなっているが、葉の部分は光に当ってないので、色づかない。これまた、手間のかかる作業。
果樹園によっては『葉取らずりんご』といって、葉摘みをせずに出荷するところもある。しかし、片桐農園では、葉を摘み取る。
なぜなのか、父に聞いたところ、
「葉を取らないことによって、葉っぱから沢山の栄養がりんごの実にいきわたり、しっかり熟すこと(蜜が入るともいう)ができる。しかし、うちでは、今まで葉を摘み取っても十分熟す(蜜が入る)ので、これ以上栄養をとると、りんごの実が熟しすぎてしまうから、葉を摘み取る。」
とのことだった。
それぞれの果樹園の気候にもよるらしいが。うちは、葉摘みをして美味しいりんごになるようだ。
葉摘み作業のあとの木の下はこんな感じ。
happa.jpg

スポンサーサイト
【 2005/09/28 】 りんご | TB(-) | CM(0)

ヒガンバナ



庭の片隅にある彼岸花が咲き始めた。
怖いほどに赤い。横溝正史の金田一耕介シリーズに出てきそうだ。
金田一シリーズと言えば、中学生の頃、よく読んでいたのを思い出した。「獄門島」「八つ墓村」「悪魔がきたりて笛を吹く」などなど。ページをめくるのが怖かった。
読書の秋。また、読み返してみるのもいいかも。それも、丑三つ時に...
【 2005/09/27 】 その他 | TB(-) | CM(1)

招き猫



『第十一回 来る福招き猫まつり』に行ってきた。場所は、伊勢神宮のおかげ横丁。
招き猫大好きのもっちー。今回は、新しい猫ちゃんを買うことはなかったが、おととしの時には招き猫一匹が、我が家の新しい住人となった。

koori.jpg

おやつに、「赤福氷」を食べた。抹茶シロップの中に、赤福が3個。おいしかった。
【 2005/09/24 】 楽しい! | TB(-) | CM(0)

マツタケサンバ



実家から、松茸をもらってきた。といっても、今年産のものではなく、冷凍庫に入っていた、去年のいただきものをもらってきた。そろそろ今年のものが出てきているので、
「在庫処分しようよ」
と無理やり冷凍庫からだして、父に、
「一本一万円だぞ」
と言われて、2本いただいた。
そして、松茸ご飯にしてみたという訳。
マツケンサンバを踊りながら、松茸ご飯を堪能した。部屋中に松茸の香りが充満。
【 2005/09/23 】 りんご | TB(-) | CM(0)

玉ねぎ発芽



玉ねぎの芽がようやくでてきた。蒔いてから、だいぶたったと思う。ブログに書き忘れた為、いつ蒔いたのか不明。このポット(?)である程度大きくして、それから畑に植えるのである。収穫は来年の初夏。
今年は豊作だったので、来年もそうあってほしい。
【 2005/09/22 】 野菜・果物・お米 | TB(-) | CM(0)

田楽座

19日の月曜日に、中川文化センターで「田楽座」の公演があった。中川文化センターの大ホール(約300席ある)がほぼ満席。知っている顔もちらほら。老若男女が集っていた。
両親が二人で行くはずだったが、父に別の予定が入ってしまい、ピンチヒッターで観に行った。全く興味も何も無いまま行ったのだが、これが!驚くほど良い公演だった。

まず、田楽座の紹介。
パンフレットによると...
1964年に創られる。民俗芸能を舞台創造の柱に据えた劇団として、伊那谷に誕生。
祭りの現地の方から手取り足取り芸能を教わり、古老から昔の暮らし向きの話を聞き、民俗芸能の持つ生命力に助けられながら舞台づくりに努力してきた。
みずみずしい生命力溢れる田楽座ならではの舞台づくりの仕事。多くの人と夢を語り、学び、豊かで希望の持てる”ふるさと”を築く仕事。たくさんの夢を持ちながら、大地の鼓動を舞台にのせて、今日も走り回っている。
とのこと。

田楽座の公演には、ものすごいパワーがあった。それは、演じている一人一人からくるのか、太鼓やその他の楽器からくるのか、だしものからくるのかわからなかったが、とにかくエネルギーみたいなものがあった。笑顔になって、元気になった。
遠い昔から絶えることなく日本各地に伝わっている、お祭りや踊りが持つ力なのかもしれない。
母の話だと、初めて「田楽座」の公演を見たのは、まだ20代で青年団に入っていた時らしい。父母の青春の思い出だったりして。その頃から公演は続いているようだ。是非また見たい!
【 2005/09/21 】 楽しい! | TB(-) | CM(0)

稲刈りその後



田んぼの「おいてきぼり」のワラたちを、果樹園へと運ぶ。ワラをりんごの木の根元に広げる。
なぜかと言うと...
?木の根っこを保護する為。根っこをいたわれば、木が元気になる。
?ワラの中には蜘蛛など虫達がいる。その虫達は、りんごにつくダニなどを食べてくれる。ダニは葉っぱを食べるので、これから色づくりんごにはかなりの害虫。
?ワラ自体が肥料になる。
と、父に聞いた。

今回の稲刈りで、改めて、農業って無駄がないなあ思う。考えてみると、農業は、景色をつくるから見てよし、食料だからもちろん食べてよし、自然の中で体を使って働くから体にもよし。そして、美味しいものを作って、みんなに喜んでもらって人にもよし。いいとこがいっぱいある。大げさかもしれないが、自分の収入の為、生きていく為の仕事だけど、人の為にもなっている。そう考えると、農業ってわりとおもしろい仕事かもしれない。
農業の基本、稲刈りをして物思いにふける初秋の夜更け。おそまつ!

あっ!それから、昨日刈ったモミたちが、今日の午後には玄米になって、片桐農園にやってきた。早すぎる!全部で43俵。1俵は60キロ、と言うことは、何キロ。

これで一年、米にはありつける。ご飯さえあれば、何とか生きていけるでしょう。
妹子沢山家族よ!ご飯の心配はいらんでね!沢山食べるのだ!
【 2005/09/20 】 野菜・果物・お米 | TB(-) | CM(2)

稲刈り終了

稲刈りが終了した。と言っても、稲刈り業者さんが刈ってくれたのだが。
先日、母と二人で、田んぼの四隅だけを手で刈った。そのとき父に、どのくらい刈ればいいのか聞くと、
「去年と同じで、6通り分(6ジョウと言う単位だが、漢字がわからない)刈っといて!」
とのことだった。なので、6ジョウ分を5メートルほど刈った。
ところが、やってきた業者のコンバイン(稲刈り機)の大きいこと。最大級のコンバインで、一度に8ジョウ刈れるヤツだった。私達が刈った分ではせまくて、入らない。業者さんが、足りない分を刈ってくれたらしい。お手数をかけさせてしまった。申し訳ない。
ものすごい速さで刈り取られいったのだろう。見に行かなかったことを、ちょっぴり後悔。
コンバインは、その場でワラとモミに分けてくれる。業者さんはそれを、人口的に乾燥させて、玄米にしてくれるのである。本当は、天日干しにすると美味しいが...。手間を省いている。
知らない間の稲刈りだった。新米が待ち遠しい。
【 2005/09/19 】 野菜・果物・お米 | TB(-) | CM(0)

稲刈り



片桐家の稲刈りは、稲刈り専門業者に依頼する。稲刈り機を個人で持っていない為、農協の共同のものを利用するか、業者に頼むかになる。個人で刈ることはしないのである。田んぼがほどほどに大きいため、個人で刈るのは大変だから。
昔は、稲刈り機があったが、田んぼが大きくなった(いつくかある小さい田んぼを一つにして、四角いきれいな田んぼにした)為に使わなくなった。
なので、稲刈りといっても、稲刈り機(コンバイン)が入いる4隅を刈るだけ。
こんな感じ。
inekari2.jpg

業者は、稲を刈って脱穀して、乾燥して、玄米を袋詰めにして届けてくれる。便利だけれどもお金はかかる。父が、
「スパーで買ったほうが安い」
とぼやいていた。
父よ!安心して食べれる、おいしいお米をありがとう!玄米ご飯で食べても、うまいよ!
【 2005/09/16 】 野菜・果物・お米 | TB(-) | CM(0)

プルーン



4本かあるプルーンだが、ここ何年か病気になって、実が全て落ちてしまう。今年はなんとか、1本は無事になってくれた。りんごの木の中に植えてあるので、ある程度、りんごの農薬がかかるのだがなぜだろう?父は、温暖化のせいではないかと言っている。
木で完熟になったプルーンはとても甘くておいしい。
プルーンいいところは、なんと言っても食べやすさ。種が1つで取りやすく、皮ごと食べれる。手も汚れない。ゴミが最小限しかでない。環境にやさしい果物である。
プルーン万歳!来年の豊作を祈る。
【 2005/09/15 】 野菜・果物・お米 | TB(-) | CM(0)

赤とんぼ



季節はすっかり秋。
田んぼには赤とんぼが沢山飛んでいる。
【 2005/09/14 】 野菜・果物・お米 | TB(-) | CM(0)

紅玉、もう少しで



あと10日程で収穫になる。
お菓子作りには、最適な種類のりんご。アップルパイに使えば最高!!!
ずっと昔からある品種で、酸味が強い。ファンも多い。ぼちぼち注文も入っている。
栽培しているところが減ってきているので、貴重だと思う。片桐農園でも5本くらいあるが、どれも20年は経っていて、かなり年老いてきているので、大事に育てている。りんごの木にも寿命があるのだ。摘果作業をするときに、多くつけすぎてもダメだし、少なすぎてもだめらしい。
弱っている木ほど、沢山の花を咲かせて、実をならせようとする。生命力の不思議。
【 2005/09/13 】 りんご | TB(-) | CM(0)

少し色づいて



写真は『ふじ』
色が少しついてきた。
これからは、そろそろと『葉摘み』の作業をはじめる。りんご全体に太陽があたって色が付くように、りんごの周りの葉っぱを摘み取る作業。これもまた、手間のかかる作業であるが、きれいなりんごにする為に必要。
長野もだいぶ秋らしくなって、最高気温も少しづつ下がってきた。農作業にはちょうどいい感じ。
収穫まであと2ヶ月。がんばるぞぉ!

ランキング何位かな?ポチッと!
【 2005/09/11 】 りんご | TB(-) | CM(0)

ライブに行く



中川村にあるNVサウンドホールで、
Music♪Live in Nakagawa があった。バンドネオンとジャズギターのデュオライブ。
バンドネオンは、大久保かおりさん。
ジャズギターは、成川修士さん。
ジャズにタンゴ、映画音楽。

さなぺのライブの感想はというと、
素敵だった!
私は、楽器は全然弾けないので、まず、お二人の楽器を弾いている姿自体に感動。
生の楽器の音をまじかで聞けるってのに、感動!
バンドネオンの音からそう感じるのか、イタリア映画のような、フランス映画のような、情熱的なのに、哀愁がある楽曲。大人の秘めた恋って感じ!?
いやぁ、良かった!!!
素敵な時間をありがとうございました。

なんだか、大人の時間だったなあ。
それから、野外だったのも良かった(虫が飛んでいたけど)。
こんなイベントをどんどんして欲しいなあ。
【 2005/09/10 】 楽しい! | TB(-) | CM(2)

秋の空



台風一過のいい天気になった。
空が青い。秋の空っぽくなってきた。
【 2005/09/08 】 りんご | TB(-) | CM(0)

台風通過

おかげさまで、心配していた台風の被害はなかった。午前中は、雨風ともに強かったが、風向きが良かったからか、りんごが落下するような事はなかった。
まだまだ、台風シーズン。安心はできません。
台風の被害にあわれたかたには、お見舞い申し上げます。

ランキング何位かな?ポチッと!
【 2005/09/07 】 りんご | TB(-) | CM(0)

またまた台風接近

超大型の台風が近づいてきている。暴風雨圏内っていう赤い丸も大きい。
長野県の西側を通りそうな予報。西側を通ると、風が台風に吹き込むようになる為、南風がふく。片桐農園の果樹園は南向きの斜面にある為、南風がふくと被害が大きくなってしまう。前回のようなコースだと被害も少ないのだけど。
台風の勢力が衰えるのを祈っている。

ランキング何位かな?ポチッと!
【 2005/09/05 】 りんご | TB(-) | CM(0)

白馬ジャンプ台



目指す場所も決めずに、北へ向かってドライブにでかけた。
で、到着したのは、白馬村。そして、見えてきたのは、ジャンプ台。
「上まで行けるのかなあ?」と話しながら駐車場に車を入れる。リフトが動いていて人が上がっている。よし!行けるぞ!
リフトに乗って、ラージヒルのスタート地点へ。
上の写真だと、右側の一番奥の上の部分。ものすごく高かった。高いところは好きなほうだけど、ここは恐ろしかった。久しぶりに足がすくんだ。
ここから滑って飛ぶなんて事を、スポーツとしてやっている人の気持ちはさっぱりわからん。スポーツとは思えない。こわすぎる。
でも、良い体験ができた。ちなみに、入場料はリフト代の500円。
【 2005/09/03 】 楽しい! | TB(-) | CM(0)

岩盤浴



近くに、『岩盤浴』なるものができたので行ってみた。
普段でも、よく汗かく私だからなのか、頭のてっぺんから足の先まで、驚くほど汗がでる。着替えてびっくり、着ていた服が汗でぬれて重くなっていた。
人間の水分の多さに感心。
前に、『ゲルマニウムの手足温浴』にいったけど、あれより今回の『岩盤浴』のほうが、私は好きだな。気分スッキリ!最高!また行きたい。
近所にある方は是非行ってみてくだされ。

写真は、行ったお店のHPからお借りしたので、さなぺではない。
【 2005/09/01 】 楽しい! | TB(-) | CM(0)
プロフィール

さなぺ

  • Author:さなぺ
  • ただ今 りんご作りの修行中
    安心安全正直にりんご作ってます
    眉間にしわがよる事の多い
    このご時世
    のんびりお気楽に
    眉間のしわを伸ばしながら
    農業してます

    メールアドレス
    katagirinouen※gmail.com
    ※マークを@にしてください

    facebook
    http://www.facebook.com/katagirinouen
食べ頃のりんご
  • 紅玉 → 10月上旬
    シナノスイート → 10月中旬
    シナノゴールド→10月下旬
    王林→11月上旬
    ふじ→11月中旬


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。